知的財産権(特許、著作権など)の表示

私の記事の知的財産権はこのように考えています。参照下さい。

http://sirasaka.blog.bbiq.jp/blog/2014/06/post-a375.html

又、他の記事(メール)はすんちゃんHPも参考にして下さい。http://www1.bbiq.jp/sirasaka/index.html

2017年5月 9日 (火)

ファインセラミック銅鐸と伊賀焼

どちらも頂きものだが大変きれいで気に入った。

ファインセラミック製銅鐸は少し青みがあるような乳白色で 柔らかい肌触りに感じるが、陶器みたいで硬い。 置物としてきれいで上品さが際立っている。 内部にLED電球E17が組み込まれていて、 電源コードと中間スイッチがあって普段は照明なしで鑑賞しているが、 電球色や白色LEDで照明するとさらに良いムードが味わえる。 居間のTV脇に置いていて雰囲気が良い。日本ハイブリッドテクノロジーズ株式会社 トピックスページ ファインセラミックス製照明器具展示の中の1点だろう。 http://nippon-hybrid-tech.jp/charenge/index.html

伊賀焼の壷と置灯篭(LED電球E17)は 表面がざらついていて滑らかな表面ではないが、 色味が複雑で古い懐かしい感じがする。 野趣味わいが楽しめるもので観賞にも良いものだ。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_6

Photo_7

Photo_8

2017年4月 8日 (土)

花桃(源平花桃)が咲き誇った

普通の桃と思っていたが、去年から花がきれいに咲きだして、今年は沢山咲き誇ってまるで桜の花みたいにきれいだ。

観賞用の桃とのことで、道理で実が大きく成らない。珍しいので大事にしたい。

1

2

3

2017年3月30日 (木)

キャロルGXに、バックカメラ、フロントカメラ、コーナーポールを付けた

カーナビにはバックカメラを付けられるようになっていて、千円位のカメラを付けたが、ノーズ先端に左と右にも2千円位x2のフロントカメラを付けた。

老齢で車の事故が多いと話題になっているし、うっかり運転でヒャッとすることもあり、レーダーサポートや誤発進防止のついたGXであってもノーズが長くて運転席視点からノーズ先端まで1.5m位になると道に出る時に道路の左右状況が分からない所があると少しづつ前に出て車や人が来ていないかを確かめることになる。軽自動車でもそれなのに普通車ではなおさらノーズを道にはみ出して停車することになって危ない。

道路際で高い塀を作って車の視角を邪魔するような家や店舗があるので、フロントカメラやボンネットミラーで道路際で停車位置で確認できると安心だし、事故防止になると思うのでフロントカメラをつけたが、バックとフロントカメラの切り替えセレクターが数千円で市販されているけどスピードや時間で自動切り替えでは便利でも手動に出来ない。それで手持ちのスイッチで自作した。左と右に分けて1台のカーナビ画面で見れるものがあるみたいだが高価なようだ。モニター自動運転車が話題になっている昨今でフロントカメラの必要性が注目されるのではないだろうか?

さらにノーズが長い車なので車の前位置がどこに在るのかが分かりにくい。ほとんどの人がつけていないが、安全安心のためにコーナーポールを左右で2本車体に張り付けた。先端部には白反射テープも巻き付けた。

これらの安全対策で少しは良いと思うのでさらに注意して運転して行きたい。

Photo 

12 

22

Photo_2

Photo_3

2017年3月24日 (金)

キャロルGXに2DINカーナビAVIC-RZ300を取り付けた

車はオーディオレスなので20Pと5PとFM/AMアンテナプラグがついている。カーナビには電源コードやアンテナなど豊富な付属品が付いている。

カーナビの電源コードはプラグが合わないのでWeb検索でエーモン工業のハーネスが使える情報を得て購入した。取り付け方法もWeb検索で勉強し、図のように無事に取り付けできたが分からないことが多くて大変苦労したが良い勉強になった。

132din 

23gx_2017

33

2017年3月23日 (木)

キャロルのカーナビ、グラフィックイコライザーで音質改善をした

キャロルGXはオーディオレスなのでパイオニアAVIC-RZ300(2DIN)カーナビを取り付けたが、付いていたフロントスピーカーはドアーの下側なので高音が不足して、中低音が盛り上がり、低音が少ない音質だった。

バスブースト3dBとグラフィックイコライザーで低音と高音を12dBブーストしたら、全体的にフラットに近くなり、サブウーハーやツイーターが付いているような良い音質にすることができた。

Photo

2017年3月11日 (土)

バモスのグローブBOXとパネルを外してみた

バックカメラとフロントカメラを付けたくて、ルームミラーモニター7型用の電源をどこから取れるかを見るのにグローブBOXとオーディオパネル外しを試したが、はめ込み部が固着しているのかエーモンの外し具を使っても困難だった。

一部の爪が壊れたが特に支障ないけど、グローブBOXはどうしても外せなかった。結局難しそうだったので、電源はシガーラーター(アクセサリー)ソケットから取るようにしたが勉強になったし、参考にする人もいると思う。

Photo

Photo_2

2017年3月 1日 (水)

バックミラー、カーブミラーでバックミラー、ドア補助ミラーを試した。

駐車場にバックで止めるのに、最近の車はバックカメラをつけて駐車しやすいものがあるので安全のためにバックカメラを付けることにした。

その前に簡易方法として、鏡ミラーを試してみたが、ドアーミラーを出来るだけ下向きに調整する方法が一番適していることが分かった。

Photo

Photo_2

Photo_3

2016年12月27日 (火)

単一指向性ECMの2極マイクが3極ジャックで使えるようにした

新規購入パソコンのイヤホン端子が、マイクと兼用の4極端子だったので、4極からイヤホンとマイク3極用に変換できるコードでそれぞれ接続できるようになったが、単一指向性マイクが2極端子なのに気が付かなかったので使えない。

3極のプラグとジャックを使って変換プラグを自作して接続すると、ようやく使えるようになった。どうしてか、最近のモノラルマイクは中間リングにプラグインパワー電圧をかけて、信号は先端極で録る3極のモノラルマイクが多くなっているし、PA用でも2極プラグのモノラルマイクが多いので注意が要る。

3極プラグのステレオマイクでは、L、Rにもプラグインパワーがかかって、信号も一緒に録れる構造なのでモノラルも先端だけを使えば良いのに、ECM接続部の説明書にプラグインパワー電圧と信号とグランドの3極で書かれているので設計者が間違っているかも?と変なふうに考えてしまうが現状を受け入れないと仕方ないだろう。

2mic

2016年12月 8日 (木)

ホームシアター7.1chの音圧と消費電力を測定してみた。

離れの15帖2x8防音室で、映画館並みの音量でDVDトップガンでどの位出ているかを測定してみた。7.1ch構成だがサブウーハーは11個つけている。スクリーンは140型でSANYOのプロジェクター。

LとRは38cm2way,センターは8cm、LとRサラウンドは12cm2way,バックLとRは10cm2way,サブウーハーは30cmx2+10cmx8+38cmx1

アンプはmarantzPS3001(2008年)7.1ch 8Ωで60Wx7(JEITA)消費電力360W+サブウーハーにLM3886アンプx2+PAアンプx1

サブウーハーは別にして、AVアンプP3001だけの消費電力は無信号時73W 最大出力時約180Wだから107W分がアンプとスピーカーで消費されたことになると思う。もう少し音量を上げると仕様の360Wになるのかも?だが爆音の瞬間でしかない。

騒音計でセリフ部の音圧はAでもCカーブでも60dB位だが、最大音圧ではAカーブで93dB,Cカーブで113dBで20dB(電力で100倍)違うが、数値が違うのは最大音圧時には低音域が大きいためと思う。ピークは普通12dBほど大きいと言うから最大ピークは125dB位出ているかも?長時間聴くと耳が痛くなる限度だけど、聴けているのはセリフなど普通の平均音圧が60dB程度なので聴けるのだと思う、これ以上音量を上げたくないと思う音量であるし、爆音時には屋外で低音が分かるレベルなので近所迷惑になる。

いい加減な測定だが今後の参考に記録しておく。

2016年11月30日 (水)

里山の大木伐採がほぼ終わった

故おじさん名義の里山約30坪の市街化調整区域で地目が山の土地には直径40cm、高さ10mもの大木が10本ほどほったらかしになっていて、下山川添い道路に覆いかぶさっていて通行にも邪魔になる状態だったが、調べると故おじさん名義のままで誰も手入れをしていない状態だった。

約3年かけて少しづつ切り倒してきたが斜めの大木は手におえずに専門業者さんに伐採してもらった。伐採の楽しみに2本だけ残していたが、最後の大木を伐採してすっきりした竹林に生まれ変わった。来年からは竹林としてきれいな状態に保つ予定であり、私がいなくなっても竹林なら迷惑が掛かりにくいはずだ。やれやれ、大仕事が終わってほっとした。

カテゴリ

Powered by Six Apart